セルロースの効果とは?

アトケアプロを今すぐ試したい方

イメージ

イメージ

セルローが含まれていても大丈夫?

セルロースとは、地球上で一番多く存在する炭水化物です。セルロースは植物の細胞壁を作る成分で、野菜などにも含まれています。ブドウ糖が鎖状に結合しているもので、植物にとってはとても重要なものになります。

 

セルロースの用途

・食品添加物として
チーズなどに入っています、チーズが引っ付かない様にする効果があるようです。
逆にココアでは粉末の分離を防ぐために含まれています。
・増粘安定剤として
水を含む事で増粘性がありますので、増粘剤として活躍します。チーズもこの効果を利用していますが、錠剤やサプリメントの形成やマニキュアなどの化粧品にも使用されています。
・布や紙などの繊維として
綿などから採取したものを溶解させ、長い繊維として再利用する事が出来る。
・製造原料として
エタノールなどの燃料や、火薬、セルロイドなどがあげられる。
・保湿成分として
化粧品などに保湿効果アップを目的として含まれている。

 

食品以外にも使われる事が多くあるようですね。

 

セルロースの効果

セルロース自体は食物繊維になりますので、吸収されません。
・便通が良くなる
腸の動きに働きかけてくれて、出やすくしてくれます。
・腸をきれいにしてくれる
働きを補助してくれるばかりか、有害物質を排除してくれる効果もあります。
善玉菌を増やす効果もあります。
・病気の予防にも
大腸癌などの腸に係る病気の予防に効果があります。大腸癌や胃癌は特に発症率は高いと言われています、腸内環境をよくする効果はとても重要ですね。大腸癌以外にも、糖を脂肪に変えてしまう「インシュリン」の分泌をコントロールしてくれますので糖尿病の予防にも効果を期待出来ます。
・ダイエット効果
不溶性食物繊維であるセルロースは食べ過ぎの防止に効果的です。
食物繊維が入っている事により、よく噛む事になるので顎などの強化にも良いとされていますし、満腹感も得る事が出来ます。
もちろん便通が良くなる事も一ダイエットには欠かせない効果の一つですね。

 

セルロースは野菜などにも含まれますが特に芋類やキノコ類、海藻類、などにはより多く含まれています。
こんにゃくやキクラゲなどにもたくさん入っているようですよ。

 

セルロースの副作用はない?

セルロースは炭水化物になりますので、体内に吸収される事がなく危険性としては特に問題視するようなものはありませんでした。
医薬品などにも使用される事から、安心して良いものであると言えます。

 

 

トップページ