アトピーは入浴の仕方で改善できる

アトケアプロを今すぐ試したい方

イメージ

イメージ

アトピーと入浴の関係とは?

アトピーは生活習慣の見直しなどで改善できると言いますが、中でも入浴方法はとても重要です。

 

なぜ入浴が大切なのか。それは毎日症状を抑える為に塗っている、ステロイド軟膏や保湿クリームなどしっかり落としてあげないと効果が出なくなるからです。ちゃんと落として塗りなおすことで、またしっかりとした効果を発揮してくれるということですね。

 

朝と夜の2回入浴しよう

入浴は朝と夜2回が良いそうです。それも同じ理由になるのかなと思います。夜寝ている間に出てしまった、リンパ液などもきちんと流して薬を塗りなおすなどコマメにする事が大事なんですね。

 

効果駅な入浴の仕方

より効果的な入浴のために出来る事はどんなことでしょうか。
知り合いに痒みに耐え切れなくて、熱湯か?という温度のお風呂に入る人がいます。そうする事でスッキリするようですが、高い温度のお湯は皮脂を流し過ぎてしまい逆効果になります。

 

温度は40度前後で調節しましょう。肌に負担の出ない温度にゆっくり浸かることが大切です。

 

シャンプーや洗顔、身体を洗うなどは優しく洗ってあげましょう。使用するシャンプーや洗顔、石鹸などもアトピーの方に安心して使えるものがたくさんあります。

 

決してゴシゴシと力を入れて、痒みを取ろうとはしないこと。ボディタオルなどは余計に肌を傷つける結果になってしまいます。身体を洗う時は、手と泡で位の方が良いと思います。それでも十分に洗い流せるので、無駄な刺激は極限まで控えた方が良いですね。

 

最後にしっかりとシャワーで流してきれいにしてあげる事も大事です。湯船のお湯はどうしても汚れてしまうので、せっかく綺麗にしたのできれいなお湯できちんと流してあげましょう。特に洗髪時はきちんと流してあげないと、流し残したリンスなどで酷くなってしまう事も。髪の毛も身体も洗った後はしっかりと流してあげる必要があります。

 

入浴後はしっかりと軟膏や保湿クリームでのケアを。乾燥もやはり肌にはよくありません。きちんと綺麗にしてケアもしてあげる事で、効果も上がると思います。

 

シャンプーや石鹸の選び方

どちらもアトピーの方にお勧めの商品がたくさん出ています。その中から選ぶのに、どのような所をチェックすれば良いのでしょうか。

 

肌の弱っている方には、もちろん刺激の強い商品はお勧めできません。天然由来のものを主に使用している、低刺激のものを選ぶ方が安心です。一般的なシャンプーには界面活性剤の中でも洗浄力が強い、高級アルコール系の界面活性剤が使用されています。

 

洗浄力の高いものは、刺激も高くなります。最後に洗い流しますが、肌に吸収される部分もありますのでやめておきましょう。

 

石鹸は賛否両論という感じですね。使わない方が良いという方もいますが、しっかりと汚れを落としリセットするためには使用した方が良いという方も。使わない方が良い理由としては、使うと乾燥してしまい肌に良くないという意見が。

 

石鹸を使った方が良いという意見の中には、繁殖している黄色ブドウ球菌はしっかり落とすべきだありました。私個人の意見としては、しっかり汚れなどを落とさないと、ステロイド軟膏などの効果が出ないのなら石鹸を使ってきっちり落とすべきなのかなと思います。

 

保湿などは入浴後のケアで補えると思いますし。

 

ということで、石鹸も無添加のものがお勧めです。無添加ボディシャンプーもありますが、皮膚に良くない効果がある成分「旧表示指定成分」というもののみ無添加だという事もあります。無添加って書いてるのに?とも思いますが、ちょっと心配になりますね。無添加で選ぶのなら石鹸のほうが安心です。

 

どちらも成分はしっかりとチェックする事が大切ですね。

トップページ