アトピーの子供にかくのを我慢させるには?

アトケアプロを今すぐ試したい方

イメージ

イメージ

子供にかくのを我慢させるには?

子供のアトピーとても辛そうですよね。大人の人でも耐えがたい痒みや炎症に泣きたくなるのに、子供がとい思うと気持ちにも余裕がなくなってしまいがちです。

 

早く治って欲しい…そう思うから、バリバリ掻いていたりすると「だめ!」と声を上げてしまう事も。でもダメだと言っても、子供には逆効果になります。子供からすると、痒いのに、辛いのに怒られた…と悲しくなってしまったり、反発してしまったりしてしまいます。

 

子供の気持ちも、親の気持ちも痛いほどよく分かります。じゃぁどうしてあげれば良いのでしょうか。

 

かいちゃダメといってもかいてしまう

子供がバリバリと掻きむしっている時は、ボーっとしている時なんかが多いと思います。イライラしている時なども、搔きむしりがちです。これは大人の人もそうです。他に集中しているものがある時は、忘れてしまっていたりもします。

 

座って遊んでる時よりも、楽しそうに身体を動かしているの方が痒いのを忘れていたりします。子供にとって夢中になれるものがあれば、それに気をそらすのも一つの手ですね。

 

バリバリと掻きむしっているのを見ると、ひどくなる!と思って焦ってしまいます。ですが一呼吸おいて、気をそらしてみたり、痒いねとケアをしてあげる位の余裕を持てると良いと思います。

 

正しい対処法

子供が辛そうにしている時に出来るケアは?
・薬を塗ってあげる。
薬を塗って、安心できるように声を掛けてあげましょう。
・冷やす
患部を冷やすことで痒みも和らぎます。
濡らしたやわらかい布や、小さな保冷剤を使うと良いと思います。
・さする
痒いねと代わりに掻くふりを…かいちゃダメですよ?爪が当たらない様にそっとです。安心感から掻かなくなることもあるようです。

 

ちょっとした安心感もとても効果を上げる事になるようですね。子育てしていると、子供より心配してしまう事があります。親の不安は子供にも伝染するよ~と、私も言われた事があります。見ていてとても辛いと思いますが、ふ~っと息を抜いて対応してあげて下さい。

 

子供のアトピーは、小学校入学頃には治ったという方がとても多いです。幼児期頃までは、身体も皮膚も成長過程にあるので繊細に反応するという事ですね。

 

心配し過ぎて、あれもこれもと塗りたくるなどは悪化の原因にもなります。大丈夫治ると思って、その時その時に応じたケアをしましょう。

 

夜のバリバリも同じようにケアする事で、治まって寝てくれることも多いです。寝ている時はあんまり暖め過ぎず、汗などかかないようにしましょう。

トップページ