ステロイドは効果がない?

アトケアプロを今すぐ試したい方

イメージ

イメージ

アトピーはステロイドで完治しないの?

アトピーの治療としてよく名前のあがる「ステロイド」ですが、色々な情報がありますね。悪い薬であるとか、副作用がひどいとか検索過程において多々見る事があります。
そのステロイドとアトピーの関係について知っておくべきことをまとめておきました。医師にいわれるがまま服用するのではなく、最低限の知識をつけておくことが大切です。

 

ステロイドの仕組み

ステロイドは副腎皮質という体内にある臓器から生成されるホルモンを人工的に作り出したものです。ステロイドには抗炎症作用や免疫抑制作用などがあります。
アトピーは免疫反応が強くなりすぎる事で発症しますので、それらのアレルギー反応を抑え、炎症を和らげてくれるという事ですね。

 

簡単に言うと、肌自体が自分を外敵から守るために頑張ると炎症という結果になるようで、ステロイドによって頑張り過ぎるのを止めてあげる事になり炎症が治まってくる。

 

この炎症を抑えるという事に関してステロイドはかなり効果を発揮してくれます。
ただ長期的な使用などは副作用の原因にもなりうるという事ですが、適切な使い方をしていれば回避可能です。

 

では炎症が落ち着く=完治という事なのでしょうか。

 

それに関して「事例」として検索した結果「完治」としてあがってくることはほぼありませんでした。ステロイドはあくまでその症状を抑え、アトピーの痒みや炎症の赤みを抑えてくれるものと認識した方が良さそうです。むしろステロイドによって改善されたことを、完治したと思い油断してしまうとまた症状が出てきたという事も。

 

ステロイドの効果は期待できるようですが、アトピーの完治は期待してはいけないようですね。ステロイドで症状が治まってきたからと急にやめてしまうのも「リバウンド」を引き起こす原因になり重症化してしまう可能性も出てきます。「リバウンド」は急にやめたことによって、今まで抑えてきたものがなくなり症状がドカンと出てしまう事です。
ステロイドには症状に応じて強さなど違いがあり、症状などに応じて徐々にランクを下げていくなど段階を踏んでいく必要がありそうです。

 

改善された方たちの意見で多くあったのは「ステロイドで症状を緩和させ根本的な治療をした方が良い」という事でした。

 

アトピーのとても辛い部分としては皮膚のただれや痒みなどですよね、とりあえずはその部分だけでも改善させるという事はとても大事です。搔きむしってしまって、酷くなって、気持ちも沈んでしまう何てことになると治療どころではありませんから。健康管理など生活の改善が「根本的な治療」に入る事から、自分の精神状態も安定させたいものです。

 

上手にステロイドなどで現状の改善をしつつ、アトピーの完治に向け頑張る事が一番なのかなという感じですね。

トップページ